お得な商品まとめサイト » Blog Archive » つくるんです
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

楽天市場】【公式】 つくるんです ミニチュアハウス スタディ 日本語説明書付 Robotime 組み立て ドールハウス DIY キット DG102 手作りキット 脳トレ 小学生 大人 工作キットおうち時間 誕生日 知育(つくるんですSHOP楽天市場店) | みんなのレビュー・口コミ

ミニチュアキットの選び方

ミニチュアキットを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。

① レベルに合わせて難易度を選ぼう

ミニチュアキットには、気軽にチャレンジできる初心者向けのものから、プロ級の技術が必要なものまで、さまざまな難易度の商品が発売されています。自身の習熟度にあったミニチュアキットを選びましょう。

はじめてミニチュアキットに挑戦するなら初心者向けがおすすめ

はじめてミニチュアキットに挑戦するなら初心者向けがおすすめ

はじめてミニチュア製作に挑戦する人は、難易度が低めの初心者向けキットがおすすめです。モデルによっては難易度表示や対象年齢表示があるので参考にしましょう。子どもと一緒に製作する場合も、難易度はしっかりチェックしてくださいね。

また、ミニチュアキットの難易度は製作時間目安や、パーツの大きさ・数から判断できます。製作時間目安は、10時間程度で完成するものから、50時間もかかる超大作までさまざま。パーツの大きさ・数が表示されていない場合は、商品画像などから予測してみてください。

慣れてきたら中~上級者向けのキットにも挑戦してみよう

慣れてきたら中~上級者向けのキットにも挑戦してみよう

ミニチュアキットに慣れてきたら、中~上級者向けのキットに挑戦するのもありです。初心者向けキット同様に中~上級者向けに展開されているものや、製作時間目安の長さなどから難易度をチェックするとよいでしょう。

また、中~上級者向けのミニチュアキットでは、単にパーツをボンドでくっつけるだけでなく、照明を光らせるための電気工作が必要なものもあります。なかには裁縫・紙細工など細かい作業が必要なキットもありますが、難しいぶん完成時の達成感は格別ですよ。

② 洋風?和風?デザインテイストを決めよう

多種多様なデザインのミニチュアキットのなかから、インテリアとして部屋の雰囲気にマッチするものを選びましょう。ミニチュアキットといえばおしゃれな洋風建築が一般的ですが、レトロな和風建築のモデルも登場していますよ。

定番の洋風ミニチュアはインテリアとしても合わせやすい

定番の洋風ミニチュアはインテリアとしても合わせやすい

定番の洋風ミニチュアキットは、インテリアになじみやすいものが多く見られます。種類も豊富で、お気に入りのモデルが見かりやすいでしょう。プール付きの庭やファンタジー要素が満載の部屋など、遊び心あふれるデザインも洋風ミニチュアなら再現可能。

また、洋風ミニチュアキットは海外製のモデルも楽しめるのがメリットです。ただし、海外製には日本語の説明書が付属していないことが多いので注意してください。

懐かしの建造物も!和風ミニチュアキットも要チェック

懐かしの建造物も!和風ミニチュアキットも要チェック

一風変わった作品に挑戦したいなら、和風ミニチュアキットをチェックしてみましょう。レトロな商店や、昔ながらの日本家屋といった商品が展開されており、一般的なミニチュアキット・ドールハウスとは一味違うノスタルジックな雰囲気を楽しめますよ。

また、和室や和テイストの部屋にインテリアとして飾りたい場合にも、和風ミニチュアキットがおすすめです。洋風のものに比べて数はそれほど多くありませんが、気になる人はチェックしてみてください。

③ 道具や説明書など必要に応じて付属品をチェックしよう

ミニチュアキットは、モデルによって説明書・道具・ケースなど付属品が異なります。何が付属していて何を準備しなければいけないのかを把握するためにも、付属品忘れずに確認しましょう。

初心者はイラストありの説明書付きキットがおすすめ

初心者はイラストありの説明書付きキットがおすすめ

ミニチュア製作に慣れていない人には、イラスト付きの説明書が付属した商品がおすすめです。文字ばかりの説明書では、思うように製作を進められずストレスを感じてしまうことも。イラストや図解入りで解説されていれば、スムーズに製作できます。

また、ミニチュアキットには海外製も多く、説明書が英語で書かれている場合もあり、視覚的に理解しやすいと心強いですよ。とくに洋風デザインのキットは英語で書かれていることが多くあります。口コミなどを参考に、説明書がわかりやすいキットを探しましょう。

道具一式が同封されたキットならすぐに作りはじめられる

道具一式が同封されたキットならすぐに作りはじめられる

すぐに製作をはじめたいなら、道具一式が同封されたミニチュアキットを選ぶとよいでしょう。ミニチュアを作るには、ピンセットや接着剤など普段はあまり使用しない道具が必要です。はじめから付属品として入っているものなら準備する手間が省けて便利ですよ。

とくに初心者は、手軽に挑戦するためにも道具付きのモデルがおすすめ。付属していた道具は、ほかのミニチュア製作にも使えます。使い勝手の悪い道具を購入してしまう可能性もあるので、まずは付属している道具を使ってみるとよいでしょう。

きれいに保存したい人には専用ケース付きも

きれいに保存したい人には専用ケース付きも

完成したミニチュアを綺麗に保存したい人は、ケース付きのキットを選びましょう。ミニチュアは複雑な構造でホコリや塵がたまりやすく、それでいて繊細な作りなので掃除しにくいものです。専用ケースの中に入れておけば汚れを防止できますよ。

また、ミニチュアキットには立方体のガラスケースを使うのが一般的ですが、なかにはガラスボールや缶など独特なデザインのモデルもあります。一風変わったおしゃれなインテリアとして飾りたい場合にも、専用ケース付きのキットをチェックしてください。

なお、付属していない場合は、別途ミニチュア用のケースを準備しましょう。サイズに気をつけて作品が収まるものを用意してください。

④ ユニークで映えるミニチュアにも注目

ミニチュアキットはドールハウスのような建造物タイプのモデルが一般的ですが、慣れてきたらよりユニークなミニチュアキットにも注目。飾る場所も棚や机に置くだけでなく、壁掛けできるおしゃれなモデルもありますよ。

建物だけじゃない!食べ物ミニチュアにも挑戦してみよう

建物だけじゃない!食べ物ミニチュアにも挑戦してみよう

建造物に飽きてきたら食べ物のミニチュアキットはいかがでしょうか。食べ物のミニチュアはミニチュアフードとも呼ばれ、野菜・パン・お菓子・スイーツなどが忠実に再現されたかわいい商品が多数展開されています。

食べ物のミニチュアキットのなかには、リングやピアスなどのアクセサリーとして活用できるものも。建造物系のキットとあわせて楽しむのもよいですね。初心者向けの商品もあるのでぜひ挑戦してみてください。

飾りやすさなら壁掛けできるミニチュアフレームがおすすめ

飾りやすさなら壁掛けできるミニチュアフレームがおすすめ

大きなミニチュアキットを置く場所がない場合、壁掛けできるミニチュアフレームがおすすめです。ミニチュアフレームは少し奥行きのある額縁の中に作品を組み立てるもので、壁に掛けて飾れるのでスペースが省ける点がメリットです。

また、フレームの中に収まるサイズなので、一般的なミニチュアキットよりも製作時間が短く済む傾向にあります。あまり時間をかけずに、サクッと作りたい人にもおすすめです。